読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざわログ

ブログど初心者。ファッション業界で生き延びながら、転職したい人。

TOEIC900点を取った時の勉強法まとめ

こんにちは!ざわです!

 

半年ちょっと前の話ですが、TOEICを受験し900点を取ることができました!

その時から英語の勉強がおろそかになっていましたが

最近改めて再開しようかと思っています。

 

どんなことをやってたか思い出しながら記録していきます。。

 

1 そもそもの英語力

高校生の頃はそこそこ英語が得意だったり、大学は英文学を勉強していたり

英語力はまぁまぁでした。

大学生の頃のTOEICのスコアで750ぐらいでしたが

4年間上がりも上がりもしませんでした。。

 

2 いつ始めたか?

社会人3年目に差し掛かり、仕事上で必要に迫られたことと

スコアという形で自分の英語力を証明したかったので勉強を再開しました。

しかし、急なことだったので実際TOEICの対策で勉強できたので1ヶ月ちょいでした。。

 

3 何をしたのか?

他のブログなどに詳しくありますが、模試をひらすら解きました。

特に公式問題集と究極の模試を重点的に。

 

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>

 

 

 

TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (CD・別冊解答・解説・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

TOEIC(R)テスト 究極の模試600問 (CD・別冊解答・解説・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

 

 結局試験形式に慣れて時間配分を意識しながら問題を解くことが非常に大事なので

その対策として、時間を計りひらすら解きまくりました。

 

さらに!READING  SECTIONが苦手だったので補填するために

イ イクフンの問題集を使いました(試験に出るよりもそこそこ難易度高めな印象でした)

 

極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 7 (イ・イクフンのstep by step講座)

極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 7 (イ・イクフンのstep by step講座)

 

 以上はTOEICという「試験」に対する対策でした。

 

さらに僕がなぜ1か月の対策で900点が取れたかというと

元々普段から英語に触れていた、というか無理矢理英語を生活に挟み込んでいたからです。

 

4 生活の中に英語を挟み込むには?

 

●リスニング編

 

音楽

 

基本的に洋楽を聴くので、歌詞を覚えるようにしました。

聞き取れなければ歌詞を調べて、さらに聞き直しました。

電車の中だったり隙間時間にできますしね!

 

TED

 

好きなスピーチを毎朝・毎晩聞きました。

コツは、あれこれいろんなのを聞かないこと。

好きなスピーチを最低1週間は聞き続けました!

言い回しだったり、発音を覚えるようになり

頭で考えるより前に意味がわかるようになります。

プラス、字幕は英語で聞くとフレーズを覚えやすいのでオススメです。

僕は有名どころのサイモン・シネックやダニエル・ピンクのをよく聞いていました。

あとはスティーヴ・ジョブズとか!

サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか | TED Talk | TED.com

ダニエル・ピンク 「やる気に関する驚きの科学」 | TED Talk | TED.com

スティーブ・ジョブス スタンフォード大学卒業式辞 日本語字幕版 - YouTube

 

ドラマ

 

ドラマは単純に楽しみながら自然に英語が入ってくるので続けやすいですね。

僕はネットフリックスでいろんなドラマを楽しんでいます。

これは息抜き程度なものなので、リラックスしながら

少しだけ英語を意識して聞いていけば良いですね。

SUITにハマって一時期こればっかり見てました。

www.suits-tv.jp

 

・リーディング編

 

小説

 

これは若干難易度高めですが、もしアメリカやイギリスの文学がお好きであれば

効果的かと思います。

 

ウィキペディア

 

気になって調べたワードは、英語で読むようにしました。

情報量も英語のほうが豊富なので、一石二鳥です。

ビジネスにまつわることであれば尚更TOEIC対策になります。

 

ニュース

 

BBCやCNN、 NHKなどのメディアや

Mediumなどの海外ユーザーメインのブログ?サービスなど

自分の興味がある内容の記事を読むことを心がけました。

 

・番外編

 

一人英会話

 

シャワー浴びたり、一人で家にいるときに

1人2役で英語で会話をしてみるというものです。

かなりヤバい奴ですが、すらっと英文が出てくるようになります。

 

考え事を英語で

 

今日のご飯どうしよう、とか週末どこへ行こうなど

思うこと考えることを全部英語でやってみよう!という試みです。

TOEICの勉強で覚えたフレーズを使ってやると

定着するので、これもなかなかヤバい奴ですが、かなりおすすめ。

 

5 実際どうやって実践していた?(1日のスケジュールなど)

典型的な1日のスケジュール

 

6:00 起床

7:00 電車でTED

7:30 会社の近所のカフェでTOEIC対策(模試の復習)

9:00 出社

12:00 ランチしながらTOEIC対策(イ・イクフンなどの問題集)

18:30 退社後近所のカフェで勉強(模試の復習)

21:00 帰宅後、ドラマ見たり音楽聴きながら過ごす

24:00 就寝

 

みたいな感じで毎日3時間を目標にしていました。

ある程度まとまった量を継続することが重要なので

社会人であれば1日3時間ぐらいがベストな気がします。

 

6 まとめ

結論、TOEIC対策だけでいい点取っても仕方ないので

日常から英語だらけの生活を継続できれば

時間はかかるけど、間違いなく力になります。

僕も留学などは経験がないですが

ちょっとしたビジネスの話ぐらいなら出来るようになりました。

でも!力を示す意味でも TOEICで良いスコアを取ることには

意味があると思うので、ぜひチャレンジしてみてください!

僕ももう一回勉強し直そう、、、

 

では!