読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざわログ

ブログど初心者。ファッション業界で生き延びながら、転職したい人。

【Fashion】アパレル業界のインバウンド客(訪日海外客)のこの先

こんにちは。ざわです。

 

アパレル業界に限ったことではありませんが

恩恵を受けてはいますし、今後どうなるのか気にはなります。

 

現状ここ数年、訪日外国人客数は増加し続けています。

 

2015年は累計で約2000万人。

2013年で1000万人なので、2年間で倍になりました。

 

詳しくはこちら

統計データ(訪日外国人・出国日本人)|統計情報|日本政府観光局(JNTO)

 

安倍さんもこないだこんなこと言ってましたしね。

2015年の倍、4000万人を目指すようで。

www.sankei.com

 

どえらい数字ですよね、オリンピックがあるとはいえ。

ちなみに4000万人って、アルゼンチンの人口ぐらいです。

わかりにくいけどすごい人数ってことは伝わりますよね。

 

特に大阪は肌感覚として、東京より多い気がします。

 

アパレル業界の動き

 

全体としては大きな伸びを見せていますが

じゃあアパレル業界ってどうなの?

気になります。

 

実は4月の売上は、34ヶ月ぶりに前年比マイナスとなってようです。

買上金額はマイナスで、人数は前年に対して以前プラスしています。

実際人気のある商品のカテゴリーも

服飾雑貨や化粧品、食品が上位に上がっており

婦人服が厳しい状況になりつつありますね。

http://www.depart.or.jp/common_press_release/list/1

 

そんな中、百貨店様々な動きを見せています。

 

市中免税店

 

百貨店などでDUTY FREEで買い物ができるお店です。

高島屋も、全日空新羅ホテルと共同出資で会社を立ち上げ

今年中をめどに出店すると、先日発表をしています。

www.wwdjapan.com

 

銀座三越はすでにオープンしましたね。

jdf-fsl-im.jp

 

それに加えてロッテも参戦です。

toyokeizai.net

 

高島屋の木元社長も言っていますが

おそらく、すでに百貨店に入っているブランドが

免税店へ出店すると、客の食い合いが発生する可能性があります。

 

これも出店ブランドの中身次第ではありますが

仮に百貨店のショップが食われてしまって売上が伸びず

インバウンド客の客足が止まった時に、共倒れ

のような事態も想像できますね。

 

とはいえ、全体の訪日外国人はさらに増えるはずなので

このタイミングで出店することは

売上を伸ばしていくにはいいタイミングなのではと。

 

語学堪能な販売員の育成や

 フリーWiFiの設置など、様々な施策を打ったりは

していますが、今大きな流れとしては

この市中免税店の動きが気になります。

 

アパレル業界のインバウンド客は増えるの?減るの?

 

おそらく、大幅な減りはないが今までより

大きく伸びることもないでしょう。

 

各アパレルブランドも海外進出を進めているところも多く

日本で買う意味がどんどん薄れるはずです。

 

現に、インバウンド客数の買上傾向も洋服から

化粧品やバッグなどの小物、食品にシフトしています。

 

モノからコトに動きつつあるとも言われる中ですので

そんなに明るくもないと思います。

 

日本のブランドで、そこに日本らしさと同時に世界中どこでも

通用する普遍的な魅力が必要なんじゃないかなぁと思います。

 

アンリアレイジだったりアンダーカバーなんていいですよね。

クアラルンプールの三越もジャパン推しです。

THIS IS JAPANと謳っているぐらいですしね。

www.fashionsnap.com

 

日本発のブランドを育てていくことだって重要です。

それこそクラウドファンディングはもっと盛り上がるべきだし

もっとファッションに注力したスタイルのサービスも必要です。

 

オリンピックまでには解決するには難しいですが

一過性の流れで終わらせずに

その先のアパレル業界の盛り上がりにつながる活動になればと思います。

 

では。