読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざわログ

ブログど初心者。ファッション業界で生き延びながら、転職したい人。

表現したい、という気持ちは「怒り」から生まれる

 

f:id:zawazawamn:20160811165852j:plain

 

怒ることって、何か表現したり主張したりする上で

めちゃくちゃ大事なモチベーションです。

 

仕事で上司や部下に対していろいろと思うところがあり

悶々と考え込んでいたんですが、そこで気がつきました。

 

その怒りが、今ある問題について考えさせている

 

上のツイートにもありますが怒るということは

今の状態に不満があって、かつどうにか是正したい時に生まれる感情です。

もしあなたが今の状態に不満がなければ怒りは生まれないでしょうし

不満があっても、なんとかしたい、良くしたいという気持ちがなければ

発する言葉は単なる愚痴になるでしょう。

 

しかも、怒りの感情は自分の心に多少の余裕がなければ生まれてきません。

例えば、ブラック企業で働く人が長時間労働などに不満を持っていたとしても

仕事で疲弊していてはその環境の劣悪さを外側の人間に発信したいという

気持ちは発生し得ません。

 

まさしく、ブログを書いていないおよそ1ヶ月間は仕事に追われ

気持ちに余裕がない状態でした。

 

伝えたい中身だって、怒りから見つかる

伝えたい!発信したい!と、モチベーションを感じるのは

あなたの理想と、今目の前の現状に大きなギャップがあるからなのは

間違いないと僕は思います。

 

さらに、「怒り」を感じたものごと自体を深く考察して

分析した結果を発信することが重要です。

 

こればきっと後日ブログで書く内容なりますが

最近怒りを感じることがありました。

 

部下に仕事を振って、あとは任せる。よろしく。

みたいなスタンスの上司に怒りを感じました。

仕事を振ることが目的ではなく、仕事を遂行させることが

上司の役割なはずです。

そのマネジメントが出来ていないことをやんわり伝えても

何も変わらず、上司は上司の仕事に追われています。

 

そんな状況はおかしいと僕は考えました。

 

で、すごく怒って一人でビール飲みながら考えてたんですが

その時に「ここまで深く考えることって最近なかったな」

と気がつきました。

 

モチベーションになってることに気がつけさせられたのと

その考えたことを表現したいと感じました。

 

自分の怒りは誰かの怒り

多分、僕みたいな普通の人が考えていることって

他の誰かも考えていることだと思います。

だから自分で言葉にして、自分で考えをまとめて

その結果、同じ怒りを抱える誰かのためになればいいなと

考えました。

 

これはブログを書く上でとても重要なことなはずです。

 

なので、中断されていたブログを再開しました。

 

怒りの感情を大事にしていきます。

 

では