読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざわログ

ブログど初心者。ファッション業界で生き延びながら、転職したい人。

ビルゲイツの花束の話は仕事の本質だと思う

blogos.com

 

これ、僕とても好きな話なんですよね。

ビルゲイツの花束の話。

 

簡単にまとめると

あなたがパーティー当日までに

花束を用意してほしいと頼まれます。

あなたは花屋に花束を注文します。

しかしパーティー当日天候不良で花束が約束の時間に

間に合わないと言われます。

 

この場合、あなたの仕事はパーティー当日の決められた時間までに

花束を届けることで、花束を注文することではありません。

もし天候が悪くて遅れるなら他のあらゆる手段を探して

なんとしてでもパーティーに花束を届けなくてはなりません。

 

という話です。

 

期限を守り、結果を出すこと

このエピソードから読み取ることができる教訓です。

重要なのは、その仕事において最終的にどんな結果が求められているのか

これを意識することなのではないでしょうか。

 

さっきの花束のエピソードで言うと

花束を、決められた時間に決められた場所に届けることが

最終的な結果です。

もちろんこれって当たり前だと思いますよね。

言われなくてもそんなことわかってると。

 

でも意外と普段の生活や仕事の中で正確に捉えられてないと思うのです。

冒頭引用したブログの中でもこんな一節があります。

 

 

 

”待ち合わせの例でいえば、大抵の人は 10 時前に到着する電車に乗ることだと思っています。しかし本当の任務は、 10 時に待ち合わせ場所に着くことです。”

http://blogos.com/article/178468/

 

 

10時○○駅に集合だから、9時30分の電車に乗ればいいよね、的な。

最終的な結果を、それを達成する手段をすり替えるんですよ。

 

その手段を実行すれば結果が得られる。何もなければ。

普通に電車が動き、事件が起こらず、自分の体調も万全だ!

という前提で考えることで、手段=結果という考えに至ります。

 

結果を出しましょう

いい結果を出すとか成果を残すとか、それも大事なんですが

ここでいう「結果を出す」というのは

期限を守り、仕事を最終地点まで連れていくこと

という意味で考えます。

 

毎日本を読むことではなくて、その本から学べることを探すことだったりですかね。

 

なんとなく考えていたことを言葉にしてみただけなので

これからちゃんと行動に移していくべきことなのですが

まずはブログを更新することも日々結果を出すことの一つであるので

頑張っていきたいと思います。。。

 

では。