読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざわログ

ブログど初心者。ファッション業界で生き延びながら、転職したい人。

TOEICって実は意外と勉強する価値あるなぁ、と思う話

こんにちは。

 

TOEICを軽くみてる人によく出会うのでメリットを考えてみました。

 

 

最近、英語の勉強がはかどらず、辛いなあと感じています。

 

特にスピーキング、典型的な日本人が陥りがちなパターンなのですが

 

英語の記事など読むことはできる。

ネイティブレベルの会話は大体理解ができる。

ビジネスでのメールのやり取りも問題ない。

 

でも話せない、自分の言いたいことの50%言えたらいい方。

スピーキングが圧倒的に弱いんですよね。

 

これはひたすら会話する機会を作ってどんどん話すチャンスを増やすことで

解決できるはずですが、苦戦をしています。

 

なんでこんな話せないのだろう、うまく自分の意見を表現できないのだろう

と悩み散らかしていました。

 

が、一旦冷静になり、むしろ留学も何もせずに

ライティング・スピーキング・リスニングを伸ばせたのか

考えてみたんですよ。

 

やっぱり、僕の場合はTOEICのおかげだなぁ、、、

 

と思わざるを得ませんでした。

 

TOEICはいいモチベーション

むしろ、TOEICはモチベーションキープのために存在していると言っても

いいと思います。

 

特に社会人になると、自分の立ち位置やスキルのレベルを数値化する機会は

限られています。

現在地を正確に把握せずに目的地に向かうのは困難なのと同じで

例えば英語であっても、TOEICを指標に自分の位置を把握できるのです。

 

なんとなく漠然と英語でニュースを聞いてみたり

海外ドラマを英語字幕で見てみたり、テキスト買ってやってみたり

それだけだと目的地がなくて、上達に繋がりにくいと思います。

 

900点を目指す!と決めて、計画的に取り組む方が

脱線しないし、モチベーションも維持しやすくなります。

 

英語の基礎作り

TOEICのために勉強をしたことで、英語の基礎を身につけることができました。

案外、ビジネスの場面で使える英語も学べますし

実際仕事をしていると

 

「あ、これ知ってる」「これって確か○○って言うよな」

 

と、思い浮かんだりして思ったより役に立ちます。

 

もちろんTOEICでいいスコアを持っていることで話せるようになるわけでは

ありませんが、話せるようになる基礎を作りあげることができます。

 

自分のことを知らない人のために

あと、これは余談みたいなものですが

自分のことを知らない人にアピールするために使えます。

 

いくら英語が話せる、出来る人でもアピールしないとわかってもらえなかったります。

 

僕はどうしても英語を使う仕事がしたかったので

TOEICで良いスコアをとって、社内のいろんな人に世間話するときに

さりげなく伝える、というやり方でアピールしていました。笑

 

その時につかえるツールがTOEICのスコアだったのです。

 

まとめ

TOEICを勉強せずとも、英語のスキルを伸ばすことは可能です。

留学するなりなんなり、やり方はあります。

が、訳あって日本を離れることができなかったり、留学もできなかったけど

英語は諦められない、、、

と言う人は、TOEICでいいスコアを取ることからスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

僕も純日本人ですが、TOEICも900点取れましたし

現に英語を使う仕事に携わるチャンスを得ることができました。

 

僕も現在進行形で勉強していますが、皆様もぜひ。

 

誰かスピーキングの勉強手伝ってくれないかな。。。笑

 

では!